この記事、どう生かせるだろう……? | 日々是考察コラム

「夢」? いいえ、奇跡の「事実」です!?

2016年12月14日

【今日の視点】
事業とは、困っている人の助けになるもの →  成功の確率は1ではないが、成功の利点を考えながら動くことが大切 →  成功するための過程には、「なぜ」を考えることが必要

 

誰もが思いつき、誰でもできるようなことだけを続けていても、良い経営は成り立たちませんよね。簡単には成功できないことだからこそ、そのために困っている人の助けになる事業が認められ、継続するのではと思います。
 
2016年12月11日発行の日経ヴェリタスでは、「夢の技術」の「再生医療産業」について、「富士フイルムホールディングス」が紹介されています。
 
現在は「再生医療の市場規模」は小さく、「巨大市場に成長すると予想」されているのは2050年ごろと、成功の太鼓判は得られていない技術です。
 
ですが、「M&A(合併・買収)を駆使し、再生医療で攻勢をかけている」のが富士フイルムだと、「夢の技術」の「収益化の道筋も見えつつある」事業モデルが分析されています。
 
絶対成功できる! と言える技術は存在しないのではと思われます。とは言え、その技術が成功すれば、どれだけの利点が得られるかと考えた時、なんとしてでも成功させたい、成功させるのは自分でありたいと意気込むのは、間違いではないと感じます。
 
ただ、いつか成功できるかもしれないと策もなく動くのは、最善とは言えないでしょう。失敗するたび、前進するたびに、「なぜ」かを一つひとつ考えながら成功までの道を固めていくのが、「良い」過程ではないでしょうか。
 
ある出来事の成功を思いもしなかった立場からは、「なぜ」成功したのかと考えてみても、それは「常識では理解できない」ことかもしれません。
 
しかし、その「奇跡」を体験した本人にとっては、それは単なる事実と言えるのだろうと感じます。

 


ブログ 日々是考察コラム