文章改善コンサルティング「ToONE」

読み手のための文章が書けていますか?

文章とは、貴社の理想を代弁する財産です

貴社の理想に近づくには文章を切り口にするのが最適です

貴社の文章にお客様を引きつける重みがないと感じたことはないでしょうか。また、自社の商品に自信はあっても、その魅力をどう伝えればいいのか適切な言葉が見つからないと感じたり、また社員に一目置かれるような格好いい文章・挨拶文は書けないものかと悩んだりしたことはないでしょうか。

文章にして書く作業は、集客から販売をはじめ、経営に関わることすべてに必要となります。世に商品を送り出すには、お客様に向けた魅力ある適切な文章を完成させることが避けることのできない重要項目です。

特に、貴社における文章とは、お客様にとって貴社への理解をより深めるための手段になります。そのため、言いたいことを言いたいように書くのではなく、伝えたいことを伝わるように書くことが、貴社の文章に必要な最低条件となります。

ここで、伝えたいことを伝わるように書くためには、文章の辻褄が合っていることや、主語述語がハッキリしていることなども必要です。つまり、文章の書き手には、説明しようとしている事柄についての理由、例えば起こったり存在したりする理由を論理的に表現できる力が備わっていることが前提になります。

経営に関わる以上、ある事柄について説明するという作業は、あらゆる場面で必要なことになります。だからこそ、その文章が論理的であるかどうかを客観的な視点なしに主観のみで判断してしまうのは最適とは言えません。

円(まどか)コンサルティングでは、貴社のあらゆる文章の改善のために、単純な校正から「論理的な文章のコツ」を習得していただくためのコンサルティングまでを総合的に行います。つまり、貴社のあらゆる文章が客観的な視点から判断されるだけではなく、論理的な文章を書くための主観的な判断力をも身につけることができるプランです。


上手い文章は「質」の統一と「量」の充実で成り立ちます

文章の質の重要さとは

文章の質は、読み手に伝えるべき事柄が文書内に「ただ」記載されているのではなく、より分かりやすく、より受け入れられやすく、さらに内容にモレやダブりがなく、読み手にとって簡単すぎず難しすぎないものであるために必要です。

文章の量の重要さとは

文章の量は、読み手に伝えるべき事柄が誰に向けたものであるかが曖昧な「メモ」のままではなく、より多くの読み手を確保するために、またその読み手が必要な情報をより詳しくより具体的な事柄として得ることで信頼感を持つために必要です。

文章の「質」の良さとは

経営の良さにも関わる重要事項

貴社の商品を、より必要としている顧客に届けるためには、文章の質の向上は必須事項です。
 
例えば、フロントエンド商品よりバックエンド商品の売り上げを伸ばすために、またはお得意様からの厳しいクレームに誠意を持って対応するためには、「ただ」記載するだけではなく、文章の質を適切なレベルに統一することで、より分かりやすく、より受け入れられやすく、さらに内容にモレやダブりがなく、読み手にとって簡単すぎず難しすぎないものにすることが必要です。

文章の「量」の充実とは

情報発信の充実のための必要条件

貴社の商品を、より多くの見込み客に届けるためには、文章の量を充実させることをおろそかにはできません。
 
例えば、どんな経営理念を抱いてその商品を提供しているのかを伝えるために、そしてズバリ貴社が信頼に足ると納得してもらうためには、書いた本人のみ理解できるような「メモ」ではなく、伝えるべき事柄が読み手に伝わるのに必要な体裁を保って書かれた文章量であることが必要です。
 

貴社の文章にとって、より必要なのは「質の向上」なのか「量の充実」なのかご不明な場合は、お気軽にご相談ください。

文章とは、このような場面で威力を発揮します

キャッチコピー × 名刺

 

「○○といったらあなた/貴社」と相手に覚えてもらえる一言で、強力なインパクトを与えるのが「名刺」です。

紹介文 × チラシ

 

限られたスペースで相手に伝えるべきこと「のみ」を端的にまとめ、わかりやすく表現するのが「チラシ」です。

文書 × パンフレット

 

記事の長さや多さに関わらず、常に文書全体の雰囲気や質を一定に保って公開するのが「パンフレット」です。

 

まずは課題点の把握から

診断により、貴社に最適なプランをご提案いたします。

初めての貴社のために簡易診断をご提供いたします。円(まどか)コンサルティングが貴社の事業内容を客観的に把握することで、貴社にとって理想に限りなく近づくためにはどのような改善が最適なのかを明確にご提案いたします。ぜひ今後の経営に当コンサルティングをどのようにお役立ていただけるかをご確認ください。